ショッピング枠の現金化って合法?

ショッピング枠現金化は合法なのか

ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードについているショッピング機能のお金を現金に換える方法のことです。
自分がすでにカードを持っており、いくらかショッピング枠を使える状態なら、審査なしで現金を作れる方法として、お金に困っている方から使われることがあります。
ただ、これはショッピング機能本来の使い方と少し異なるため、利用しても大丈夫なのか、もっというと合法なのかどうか、気になっている方も多いでしょう。

▼ 目次

ショッピング枠現金化は合法?

これは合法かどうかというと、現時点までのところでこの行為自体が明確に違法と判断された事例は少なく、グレーゾーンの方法として、自己責任で利用できる方法となっています。
現金化を仲介するビジネスをやっている業者もおり、こちらを利用することで、カードの使用者は比較的簡単にショッピング枠を現金化できるようになっています。

ただ、明確に合法とのお墨付きがないのは、利用者としてはやや気になるところですよね。
この点についてもっと詳しくご紹介すると、現金化の方法次第では、それを仲介した業者が違法と判断された事例はあります。
そのような方法になるため、すべての現金化が絶対にアウトとまでは現時点だといえないものの、グレーゾーンの方法として紹介されることが多いのです。

仲介した業者が違法と判断された事例

ショッピング枠現金化を仲介した業者が違法と判断された事例とは、たとえばあるキャッシュバック式の業者が有名です。
利用者にその業者がキャッシュバック特典付きの商品を売り、それをカードで買った利用者には、業者から販売価格の8〜9割がキャッシュバックされるというシステムで、ショッピング枠を現金化していました。
これについて、この取引は業者による事実上の貸付と判断されたのです。
貸金業を営むには専用の許可が必要ですし、このときに貸す利息は法律の上限もあります。
この現金化業者は無許可で貸金業を営んでいた上に、天引きしていた手数料が事実の利息と判断されたのですが、それが年利に直したときに法律の上限を超えているということで、警察に逮捕される結果となりました。

ショッピング枠を現金化するときには買取式という方法もありますが、こちらも業者側の逮捕事例はあります。
買取式とは、業者が利用者に商品を売り、それをすぐに買い戻すことで、利用者に使用したショッピング枠の一部を現金にして返すという方法です。
このときに売買する商品は、商品価値がほとんどないものとなりますが、その点が警察から問題視され、摘発された事例があります。
二束三文の商品に数万円、ときには数十万円といった価格で販売し、それをまたすぐに買い戻すという手法自体がNGとされることもありますから、実際には売買を行っておらず、現金のやり取りだけをしていた買取式業者が逮捕された事例もあります。

利用者が逮捕された事例はない

このような事例も起きているため、絶対に合法とまでは断言できない方法にはなっています。
ただ、利用者が逮捕された事例は、いまのところ起きていません。
先にご紹介した事例は、いずれも業者側の逮捕です。
それら業者を使って、ショッピング枠を換金していた利用者まで逮捕されたわけではありません。
このことからも、カードの換金はグレーゾーンの方法として、今のところは自己責任の範囲で利用できる金策になっています。

この方法の仕組みや特徴などをきちんと確認し、自己責任で利用する限りは、現時点では問題ないことが多いです。
ただし、この方法に興味があるときは、社会の風潮によく注意することが大事です。
10年以上前は、この方法はそこまで問題視されておらず、少し裏技のような方法にはなるものの、今よりももっと合法に近い方法として知られていました。

それが換金を仲介していた業者が摘発されたことにより、風潮が変わったのです。
利用者も業者も合法の範囲でやれた方法が、そのやり方次第では、業者は摘発される可能性が出てきたのですね。
利用者については、現時点までのところでは、逮捕された事例などは起きていませんが、今後もずっとそうだとは限りません。
もし利用者が業者と同じように逮捕されると、今よりもさらにグレーゾーンの方法となるでしょう。

この方法を利用するときは、これまでの社会の風潮などを確認し、これが少なくとも合法の範囲となるか、最新の情報を確認したうえで利用すると比較的安全です。
現時点での状況では、まだ利用者で逮捕事例はありませんから、グレーゾーンの金策として比較的使いやすいですね。
もし利用するときは、トラブル回避のため、摘発されかねない方法で現金化を仲介している業者や、利用者からの苦情や通報が起きやすい悪質業者は、避けた方が安全です。

また、カード会社が推奨する方法ではないため、利用したあとはきちんと返済することも非常に大事です。
この方法を使って手に入る現金は、カード会社から借りたものとなります。
返済はカード会社まで必要ですから、これができないと、その利用がなんだったのか注目されやすくなり、場合によっては現金化が発覚する原因となりかねません。
このように利用には知っておきたい注意点が多く、完全に合法という保証はないものの、利用者にとってはまだ使えることの多い方法です。