クレジットカードの規約違反

HOME » ショッピング枠 » クレジットカードの規約違反

クレジットカードの規約違反

カードのショッピング枠を現金化する方法は、現時点ではグレーゾーンの範囲と判断されており、換金サービスを行っている業者などもあるのですが、利用する前には、これはクレジットカードの規約違反になる可能性があることは確認しておきましょう。
これらカードには利用規約があります。
契約したときに確認したと思いますし、そのカード会社のHPなどで最新の規約がいつでも確認できることも多いでしょう。

クレジットカードとは、この規約の範囲内で利用できるサービスです。
規約に違反するような利用は、カード会社よりNGとされることが多いですね。
そしてこの規約では、ショッピング枠を現金化するような利用は禁じられていることも多いのです。

その理由は、ショッピング枠本来の利用方法から外れているためですね。
この機能は現金なしで決済をするための機能で、利用者が直接現金を手に入れるための機能ではありません。
現金がほしい方のためには、キャッシング機能という別の機能が用意されています。
直接現金を借りたければそちらを使うということで、ショッピング枠を現金化するといった使い方を規約違反とするクレジットカードもあるのです。

このようなカードでもし本当にショッピング機能の換金をした場合、そのときは規約違反の利用をしたことになります。
このときどんなデメリットがあるかというと、その利用をカード会社が把握した場合、カードの新規利用を停止されたり、カードを強制解約されたりする恐れがあります。
ショッピング枠を現金化するとき、そのクレジットカードの利用規約によっては、これにより規約違反となる恐れはありますから、注意が必要ですね。

ちなみに、カードの規約と法律は別物です。
規約はあくまでその会社のカードの利用ルールにすぎません。
これに違反すると、その会社でカードの使用を続けるのは難しくなりますが、これを理由に警察に捕まることはありません。
この点は心配ないのですが、できればカードの規約違反も避けられた方が安心です。
換金業者を利用する前には、一度使っているクレジットカードの利用規約を確認してみるのもいいでしょう。