ショッピング枠の現金化での逮捕はある?

HOME » ショッピング枠 » ショッピング枠の現金化での逮捕はある?

ショッピング枠の現金化での逮捕はある?

利用者としてショッピング枠の現金化を使いたいとき、これによって逮捕されることはあるのか、これはかなり気になるポイントですよね。
これについて、今のところ利用者が逮捕される可能性は低めです。
そのためグレーゾーンの方法として利用している人もいます。

実際にこれを利用して逮捕される可能性があるのか、それを知るにはこれまでの事例を知ることが大事ですが、これについて警察に拘束された事例がいくつか見つかるのは、基本的に業者です。
ショッピング枠を現金化するため、これを仲介するビジネスを運営していた業者については、逮捕事例があります。
とはいえ、カードの枠を現金にする行為を直接禁ずる法律はありませんが、その逮捕の根拠はなんだったのでしょうか?

たとえばある事例では、その換金行為が事実上の貸付行為とみなされ、その分野の法律が適用され、拘束につながった事例があります。
これら業者は決して貸金業者として運営されてはいませんから、その分野の法律を適用されると、どうしても違法だと判断されやすくなります。
ただ、その違法性や逮捕の判断は、各事例の建前だけでなく、実態に即して判断されることがあるため、このように別の関連法案からその違法性を指摘され、拘束されることもあるのです。
ショッピング枠の現金化ではそれが業者で行われた事例が多く、複数の業者が逮捕されています。

ただ、利用者として気になるのは、その業者を利用した人が拘束されるかどうかですね。
業者についてはいくつかの逮捕事例があるものの、利用者が捕まった事例はまだありません。
この点はショッピング枠の現金化がグレーゾーンの方法として、お金に困っている利用者から使われている根拠によくなっています。

このように現時点では、クレジットカードを換金するとき、少なくとも利用者は逮捕の可能性をそこまで気にしなくても問題ないことは多いです。
ただ、業者は捕まった事例のある方法となりますから、利用するときは慎重に利用するのがおすすめです。