ショッピング枠現金化での詐欺

HOME » ショッピング枠 » ショッピング枠現金化での詐欺

ショッピング枠現金化での詐欺

専用業者の仲介を通してショッピング枠の現金化をするとき、そのサービス自体が詐欺でないか、これはよく注意したうえで利用することが大事です。
本当にクレジットカードの換金をきちんと行っている業者なら問題ないのですが、そのようなサービスの体裁を装って、一切換金を行わないという詐欺は起きています。

これはどういう行為になるのかというと、利用者に自分のところでショッピング枠を使わせておき、そのお金を利用者に返さないという行為になります。
最後にお金を返さないこと以外は、一般的なクレジットカード換金の手順と同じ流れになっているため、一見するとわかりにくい詐欺行為になります。

この換金業者がどういう流れでショッピング枠を現金に換えているのかというと、まずは一度その業者でカードを使ってもらうのです。
利用者側では普段意識することはあまりないのですが、お店などでカードを使ったとき、そこで発生した支払いは、あとでカード会社が行っています。
そのお店まで、カード会社が振込など行い、お金を渡しているわけです。
このお金は、普通はお店などがサービスや商品を引き渡した対価として受け取るわけですが、ショッピング枠現金化業者は、このカード会社からのお金を利用者に返します。
こうすることで、利用者側では普段手に入らないショッピング機能のお金を、現金に換えられるのですね。

詐欺業者の場合、自分のところでカードを使わせたあと、返金を行いません。
つまりカード会社から入ってきたお金を、そのまま懐に入れる形になるのです。
利用者がその業者でカードを使ったのは、あくまでショッピング枠を現金化するためで、その他に何か買い物やサービスを利用するためではありませんよね。

また、業者側もあくまで換金のために一度カードを使ってもらうため、その業者が値段相応の商品を販売したり、サービスを行ったりといったことは基本的にしていません。
つまり業者から返金がないと、利用者はその業者にただカードのお金をあげただけで、何の得もないのです。
このようなショッピング枠の現金化業者を装った詐欺は起きていますから、よく注意してください。