ショッピング枠現金化と返済

HOME » ショッピング枠 » ショッピング枠現金化と返済

ショッピング枠現金化と返済

ショッピング枠を現金化するときに知っておきたい注意点の1つが、返済についてのことです。
この方法を使うと現金が手に入るため、いつもの利用とは雰囲気が違うように感じられるでしょうが、使ったのはショッピング枠となります。
これはカード会社が支払いを建て替えてくれるサービスで、その利用額は1〜2か月後にカード会社から請求がきます。
このときに返済して、利用の帳尻が合うサービスですよね。

現金化したときも使った機能はいつものショッピング機能ですから、返済の流れもこれと同じです。
たとえば10万円現金化した場合、その1〜2か月後、10万円分のショッピング枠の利用があったということで、カード会社から請求が来ますから、そちらで返済してください。
このような返済がいつも通りにあることは、注意点として知っておきたいですね。

間違えないようにしたいのは、まずは返済の相手です。
現金化サービスを使うと、その業者から現金を渡されるため、まるでその業者から借入したように思えることもよくあります。
するとその業者が返済先になるようにも思えるでしょうが、現金化したお金の出所は、この業者ではありません。

もともとはカード会社がショッピング枠の利用金額分のお金を出しています。
この現金化業者は、そのカード会社から支払われたお金を利用者に返金しているだけで、この業者が利用者にお金を貸しているわけではありません。
そのため業者に返済する必要は一切ないのです。
返済先を間違えないようにしたいのは、大きな注意点です。

このほか、現金化すると業者への換金手数料がかかるため、使用金額より少ない金額しか戻ってこないのですが、返済時には使用額の満額を返さないといけません。
たとえば換金業者で10万円分を使い、手数料を引いて8万円戻ってきたとします。
このときは返済金額は8万円と思われがちですが、消えている2万円は業者への手数料として、利用者が自分で使ったという扱いになるのです。
そのため手数料分をあわせて、10万円分の返済が必要になります。
ショッピング枠を現金化したあとの返済には、このような注意点があります。