ショッピング枠現金化は違法なの?

HOME » ショッピング枠 » ショッピング枠現金化は違法なの?

ショッピング枠現金化は違法なの?

クレジットカードのショッピング枠を現金化するのは違法なのか、利用者としてはかなり気になるところですね。
これについて、特に利用者サイドについては、その行為が法令違反だと判断され、刑事罰などの対象になった事例はまだありません。
そのため利用者にとっては、これは現時点では違法とまではいえないグレーゾーンの方法として、自己責任で利用されているのが現状です。

ただ、法律関係で知っておきたい注意点として、業者側は違法と判断された事例があります。
クレジットカードの現金化を直接禁じる法律はないため、それに違反したと判断されたのではないのですが、この行為が関連する他の法律に反していると判断されたことがあるのです。

どのような法律かというと、たとえば貸金業に関する法律です。
現状、業者がビジネスとして誰かにお金を貸すときは、貸金業者として登録しないといけません。
これなしで運営すると、違法となります。
ちなみに闇金などはこのような許可を取っていないケースが多く、この法律に違反していることになります。

ショッピング枠の現金化がこの法律に反していると判断された理由は、その行為が事実上の貸付と判断されたためです。
使っていないカードの枠を現金にするため、これら業者ではほとんど価値のない品物やデータを売り、それを買い戻したり、その商品にキャッシュバック特典をつけたりすることで、カード会社から入金されたお金を利用者に返しています。
このように一応は建前を用意しているのですが、それはただの建前にすぎず、実際には業者が利用者にお金を貸しているものと判断され、貸金業者としてそのビジネスの正当性をチェックされたのです。
このときに業者は貸金業として営業していたのではありませんから、貸金業者の許可は持っておらず、この法律に違反したと判断されたのですね。

業者サイドではこのような事例がありますが、ショッピング枠を現金化した利用者が違法行為をしたと判定された事例はまだありません。
この点から、現時点では自己責任で使えるグレーゾーンの方法になっています。