知っておきたいショッピング枠現金化の注意点

HOME » ショッピング枠 » 知っておきたいショッピング枠現金化の注意点

知っておきたいショッピング枠現金化の注意点

カードについているショッピング枠を現金化する方法もあるのですが、これを利用するときに知っておきたい注意点があります。
特に知っておきたいのは、現金化できる金額は、実際にカードで使った金額より少なくなること。
思ったより少ない金額しか手にできず、また追加で現金化しなくてもいいように、この注意点はよく確認しておきましょう。

これはどういうことかというと、たとえば30万円分の現金を作ろうとして、ショッピング枠の換金業者で30万円使ったとすると、現金になって戻ってくる金額は24万円ほどになるといったことです。
現金で戻ってくる金額が、カードの使用金額より少なくなるのはなぜでしょうか?
それは換金にも手数料がかかるためです。

この方法で手に入れているお金は、本当なら現金として表には出てこない枠のお金です。
換金業者を通すことで、それを個人的に現金に換えているのですね。
このときに換金業者を通しているのがポイントです。
ここを通したとき、料金がかかるのです。
名目としては換金手数料ですね。

そしてこのお金は、利用者が改めて払うのではなく、現金化したお金を業者が戻すときに天引きされます。
利用者としてはカードの使用金額が勝手に減ったように見えるかもしれませんが、それは意味もなく減らされたのではなく、換金手数料分を徴収されたのだと思ってください。
これがあるため、ショッピング枠を現金化したとき、カードで使ったお金の全額が戻ってくるわけではありません。
一定の割合でかかる手数料を天引きした上で戻ってくることは、注意点としてよく確認しておきましょう。

なお、この手数料はどれくらいかかるのか、その相場も知っておきたい注意点です。
ショッピング枠の現金化では、使用金額の2割ほどが手数料の相場です。
つまり換金率は80%ほどが標準なのですね。
高くてもこれくらいの換金率になることを前提にサービスを使うと、必要な現金を用意できることが多いです。
もし換金率が80%を大きく下回る場合、その業者は悪質業者の可能性もありますから、この点も注意点として知っておくといいでしょう。